出張などの旅費としてお金を借りる【※今日中にキャッシングする方法】2014.07.28. // 未分類

サラリーマンをしていると、いきなり出張が決まることもあるかもしれません。上司から、「突然のトラブルが勃発したので、明日から地方に主張するように」などと言われて、急いで出張の用意をするケースも少なくないでしょう。

出張の費用は立替払いになることが多いですが、急な出張になれば尚更です。航空券の手配であったり、ホテルなどの宿泊費用であったり、現地での接待費用であったりを、全て自分のお金で立替払いしなければならないかもしれません。これって、結構な額になりますよね。普段から少ないお小遣いで頑張っているお父さんサラリーマンとしては、この出費はかなり厳しいものでしょう。

そんな時、どうやってお金を用意したら良いのでしょうか?奥さんに正直に話してお金を私てもらえるお父さんサラリーマンであれば良いですが、ほとんどの場合はそんなこと奥さんに話すことはできないでしょう。そうなるとオススメは、キャッシングを利用してお金を用意する方法です。キャッシングといわれると少し抵抗がある人もいるかもしれません。

そんな人は、消費者金融会社のキャッシングではなく、銀行系のキャッシングを利用すれば少しは抵抗が緩和されるかもしれません。大手メガバンクでも、キャッシングをしていますよ。キャッシングを利用する際に気になるのが、利息でしょう。キャッシングの利息は高いというイメージを持っている人が多いですが、実はそんなことはありません。

そして、キャッシング会社によっては無利息期間サービスを行なっているところが多いです。7日無利息とか10日無利息などがあり、無利息期間が長いところであれば30日間無利息サービスというところがあります。オススメは、やはり一番長い期間の30日間無利息のキャッシング会社です。30日もあれば、出張から帰ってきて会社で出張旅費を精算した後で返済したとしても、無利息期間内でしょう。無利息期間内に返済すれば、利息を支払わなくて済むので、かなりオトクですよ。

ただし、キャッシング会社によっては、無利息祭ービスが新規顧客のみのサービスになっていることがありますので、事前に確認することが必要です。そして、出張費用などの経費の建て替え目的でキャッシングする際には、借り過ぎに注意が必要です。出張先でのお土産代やレジャー代まで借りてはいけません。出張経費内にして、会社で精算できる範囲内で借りるようにしてくださいね。そして、無利息期間サービスを利用する場合には、その範囲内に返済するようにしてくださいね。

就職内定後のキャッシングで内定取り消しは有りえるのか

Leave a Reply